2014.09.29

チーム躍進のカギはファンクラブ特典グッズにあり!

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 下城英悟●写真 photo by Shimojo Eigo

―― FCグッズ特典も奥が深そうですね(笑)。高橋店長はいかがですか?

高橋 僕はまだ全球団のFCに入会して2年ですが、やっぱり「格が違うな」と思ったのが巨人と阪神ですね。というのも特典グッズ以前に、両球団はグッズが送られてくるダンボール箱からして違うんですよ。特に阪神の化粧箱は虎の絵がドンと描いてあって、ちょっとしたお中元レベルの豪華さです。

長谷川 あれはFCグッズを発送するために作られた専用箱ですよね。あれ、空き箱だけでヤフオクに出てるんですよ(笑)。

高橋 本当ですか(笑)。阪神はただでさえ特典グッズが届くのが他より早いので、先陣切ってあの箱が来た後、他球団から無地のダンボール箱が届くと、「やっぱり老舗人気球団は違うなぁ」と思ってしまいます。

鈴木 その点、中日なんて袋ですよね。衣類とかをヤフオクで落としたときに送られてくるような袋に入って送られてくる(笑)。

高橋 ちょっと話はそれましたが、この2年間の12球団のグッズの中では、今年の巨人のバスマットには度肝を抜かれましたね。正直、バスタオルは他球団でもたくさんあるじゃないですか。そこをあえて足元に目を向けたという点と、実際に作りがすごくしっかりしていたのには驚きました。

鈴木 トートバックとの選択制でしたよね。僕もバスマットを選択したんですけど、あれ、ネクストバッターズサークルを模していていいですよね。

長谷川 僕もバスマットにしたんですけど、あれ、老舗タオルメーカーの「内野製」で高品質なんですよ。このあたりが巨人のこだわりでしょうね。近年の巨人は「黒ひげ危機一発」のジャイアンツヴァージョンや、「ツミコレ読売巨人軍マニア」(新感覚フィギュア)など、特典グッズに冒険心溢れるものが多いですよね。

高橋 これでタオルとバスマットが揃ったんで、来年あたりにジャイアンツマークの入ったホンモノの風呂でも送ってくれたら完璧です(笑)。