2012.10.16

【プロ野球】短期決戦で冴える谷繁元信のリードは、
巨人打線を封じ込めるか?

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • 日刊スポーツ●写真 photo by Nikkan sports

 打撃不振にばかり目が向くが、その一方で、ドラゴンズバッテリーはスワローズとの3連戦、各試合1失点ずつ、合計わずか3点しか許さなかった。そのうちの2点はバレンティンのソロ本塁打である。ひとりの投手の快投で相手を封じたのならわかるが、ドラゴンズは初戦、2戦目が5人、3戦目も4人の投手をリレーさせた。つなぐ投手が多くなれば、どこかにほころびが生じやすい。それなのにすべて1失点で切り抜けたのは、投手の頑張りもあるが、谷繁のリードの力も大きいだろう。

 谷繁のすごさが垣間見えたのは相手の4番、5番に対する攻めだ。4番のバレンティンに第2戦でシリーズ2本目のソロを許すと、そのあとは徹底して際どいところをついて歩かせた。本塁打のあとの6打席で、じつに四球は5つ。中途半端な勝負をするぐらいなら歩かせる。その方針が徹底していた。

 塁をひとつ与えても大丈夫と考えたのは、バレンティンのあとにつづく5番の川端慎吾を抑えることに自信を持っていたからだ。投手が変っても、しぶとい川端に隙を見せず完璧に抑えてスワローズのチャンスをつぶした。

 実際、川端には3試合で1安打も許さなかった。これはスワローズの得点源を封じるリードであると同時に、ジャイアンツ戦への予行演習でもあったろう。

 評論家の槙原寛己氏はCSでのジャイアンツの不安材料は「阿部慎之助のあとの5番だけ」と指摘していた。

「5番を抑えれば、劣勢といわれるドラゴンズにも勝機が生まれるはずです。谷繁はおそらく二冠王の阿部に対して、バレンティンと同じように徹底したリードをしてくる。状況に応じて、四球OKの配球になるでしょう。そして5番に入るであろう村田修一、高橋由伸を抑えて接戦に持ち込む。もう、シミュレーションはできているはずです。とにかく短期決戦で勝つための配球に終始すると思います」

 今シーズン、ジャイアンツに10.5ゲーム差をつけられたドラゴンズだが、直接対決では10勝11敗3分とほぼ互角の戦いを演じている。阿部をはじめ球界随一と呼ばれる強力ジャイアンツ打線をどう封じ込めていくのか。谷繁の真価を発揮する時が来た。

関連記事