2022.04.16

鈴木誠也の記録ラッシュに「歴史的デビュー」と地元メディアも大絶賛。適応の早さのカギは「見極め力」と分析

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by Kyodo News

「オーマイガッ!」、「なんてやつだ!」、「アメージング!!」

 シカゴ・カブスの鈴木誠也が2打席連続弾を放った日、現地メディアではこのような言葉が飛び交った。

開幕から活躍を続けるカブス1年目の鈴木誠也開幕から活躍を続けるカブス1年目の鈴木誠也 この記事に関連する写真を見る  4月12日(現地時間:以下同)、敵地・ピッツバーグでのパイレーツ戦に「5番・右翼」で出場した鈴木は、5回の第2打席に右中間スタンドへの第2号ソロを、続く7回の第3打席には2打席連続となる第3号ソロを放った。

 4月14日現在の鈴木の成績は、6試合19打数7安打10打点3本塁打(打点と本塁打は現在ナ・リーグ1位)。スラッシュライン(打率/出塁率/長打率)は、.368/.480/.895と驚くべき数字を残している。

 開幕から毎試合結果を残し続ける鈴木に、SNS上では現地カブスファンの「このとんでもないやつは新人王を獲るだろう」、「(本塁打は)年81本ペース!」、「MVP候補だ!」といったコメントが溢れ、興奮で沸き返っている。さらにカブスの同僚マーカス・ストローマン投手も「本物だ!」と脱帽する。

 現地メディアの報道の熱量も高い。カブスの地元スポーツメディアはこぞって鈴木を取り上げ、「鈴木誠也の歴史的デビュー」(『ピッチャーリスト』)、「鈴木誠也はすでに歴史を作った」(『ブリーチャー・ネイション』)といった見出しが躍った。これらは決して大げさな表現ではない。実際に、鈴木はメジャーデビューからの数試合で3つの記録を打ち立てている。

 たとえば、デビュー4戦での3本塁打は、エンゼルスの大谷翔平が記録した4試合(2018年)と並ぶ日本人最速記録。また、4月12日には「デビューから4四球以上、4試合で8打点以上」という、打点の記録が正式に始まった1920年以降で初となるメジャー記録を作った。

 さらに、翌13日のパイレーツ戦で4試合連続の打点を挙げると、カブスでは2人目となる「1901年以降、カブスでのデビュー5試合で、毎試合2回以上出塁し、打点または得点を1点以上挙げた」という球団記録を樹立(『NBCスポーツ・シカゴ』)。そして、翌14日のロッキーズ戦でも打点を挙げ、連続試合打点を5に伸ばした。