2012.11.28

【MLB】わずか3カ月でファンを虜に。
「イチロー残留」支持率100%

  • 笹田幸嗣●文 text by Sasada Koji
  • photo by Getty Images

 ともにヤンキース以外でプレイすることは考えていないだろうが、実績とこれまでの貢献度を考えれば、極端に契約金を抑えるわけにもいかない。ふたりの交渉は今週にも方向性が示される見通しだが、おそらく残留するであろうというのが一般的な見方だ。このふたりに要したお金が、直接、イチローの条件提示にも影響してくる。

 もっとも、アタナシオ氏が言った「ヤンキースに『ノー』と言うことは難しい」の言葉通り、イチローからすればお金の問題ではない。移籍後、イチローはヤンキースでプレイすることの喜び、誇りを何度も語っていた。

「プレイの中で、捨てられるものがない。特にヤンキースタジアムでは『野球がちょっと違うな』という感じがする。それはこのチームがずっと背負ってきた宿命がそうさせるのだと思う」

「このチームはやらないといけないことがはっきりしている。その分かりやすさがいいですね」

「ニューヨークのファンは本当に特別な瞬間を与えてくれている。イチロー、イチローって名前を呼んでくれる。あれはすごいエネルギーになる」

 そしてア・リーグ優勝決定戦でタイガースに敗れた後には、次のようなコメントを残した。

「悔しい思いしかないです。ただ、こういう気持ちは久しく味わっていなかった。いろんな時間を与えてくれて、最後は負けてしまいましたけど、本来持っている気持ちを思い出させてもらって、感謝の気持ちしかないですね」

 これまで様々なメジャー記録を塗り替えていったイチローといえども、やはり常勝・ヤンキースでプレイすることは特別だったのだ。