2021.12.27

横浜高校OBが語る「松坂大輔以上の逸材」。すべてがずば抜けていて「大谷翔平に近かった」【2021年人気記事】

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo

――シートバッティングなどで丹波投手と対戦する機会もあったと思いますが、実際に球を見た時の印象は?

山本 球の質が全然違って、「他の投手とは違うな」と。背が高かった(183cm)こともあって、球が2階からくるみたいな感じでした。どうにもこうにも打てなくて、キャッチャーに「球種を教えろ」と言っていたぐらいです(笑)。球速も、おそらく140km以上は出ていたと思います。

 直球のほか、縦に落ちる速いスライダーや、どろんとした大きなカーブも持っていましたが、とにかく当たらないんですよ。よく投げていた変化球は2種類だと思いますけど、それで十分に通用していましたね。

現在は某印刷会社に務める山本氏 photo by Hamada Tetsuo現在は某印刷会社に務める山本氏 photo by Hamada Tetsuo この記事に関連する写真を見る ――特にすごかった球種は何ですか?

山本 縦のスライダーです。身長から角度をつけて投げてくるし、途中で消えて見えないんですよ。ボードゲームの野球盤で、ホームベースのところがパカッと開いて球が下に落ちる仕掛けがあると思うんですけど、まさにそんな感じでした(笑)。

――丹波投手が登板した試合で、今でも覚えているシーンはありますか?

山本 神奈川県の予選の準決勝で、相手は横浜商工だったかな。当時1年生だった丹波が横浜スタジアムで投げたんですが、すごくいいピッチングをしたんですよ。僕はその試合に出てなくてベンチから見ていたんですけど、1年生には見えませんでした。堂々としているし、落ち着いているし、「やっぱり度胸があるんだな」と感心しきりでした。僕や同学年のメンバーが1年生の時とは比較にならないほどです。