2021.08.13

サヨナラ逆転本塁打を放った横浜の1年生・緒方漣の強心臓。「あいつならやってくれる」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 広島新庄の戦いぶりは見事だった。エース右腕・花田侑樹は不安定さも見せた広島大会から一転、甲子園で息を吹き返した。6回裏には連打で無死一、二塁のピンチを招くが、横浜の4番・立花祥希のセンターへ抜けようかという強烈な打球を二塁の大可が横っ飛びで好捕。併殺でピンチを脱した。遊撃の瀬尾も再三、軽やかなフィールディングで守備を支えた。

 大可は「なんとか自分と瀬尾中心に守っていこうと声がけをしていた」と語る。広島新庄らしい「守りの野球」を貫いた。

 指導する宇多村監督はノックの名手だ。ノックバットを滑らかに扱い、甲子園の土に白球を弾ませるさまは惚れ惚れする。大可は「監督さんがノックを多く打ってくださったので、球際に負けないプレーができた」と胸を張る。

 横浜も粘り強く応戦したものの、広島新庄との経験の差は明らかだった。だが、9回裏二死一、三塁の最後のチャンス。横浜が幸運だったのは、最後にもっとも頼れる人間に打順が回ったことだったのかもしれない。

「最後に緒方がやってくれるんじゃないかという期待は、正直言ってありました」(村田監督)

「緒方ならやってくれる、つないでくれると思っていました。勢いだけじゃなく、冷静に試合に入っていけるので、頼もしい存在です」(横浜主将・安達大和)

 思えば、試合開始から緒方の存在感は際立っていた。1回裏、先頭打者として打席に入った緒方は、初球のストレートをセンター前に弾き返している。

 相手はスカウトも熱視線を送るドラフト候補。試合の行方を占う大事な第1打席。硬くなる要素はたくさんあった。それなのに、緒方はしれっとヒットを放った。試合後、緒方は「初球から起爆剤になれたのでよかったです」と語っている。

 村田監督が緒方を評価するポイントは「動じないこと」だという。1年夏から名門の1番・遊撃という要職を担っても、緒方は感情の揺れを見せない。「今まで野球で緊張したことはありますか?」と聞くと、緒方は「甲子園は初めてだったので緊張しました」と答えた。逆に言えば、それまでは緊張せずにプレーできたということだろう。ちなみに、緒方は神奈川大会7試合で打率.455、10四死球を記録している。