2021.07.30

独立リーグ初のドライチ誕生なるか。細川亨監督も快速左腕に「今すぐNPBで投げられる力はある」

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

 高校時代は控え投手で、大学は山形県にある東北公益文科大に進学。2年春には外野手としてベストナインを受賞するなど、高い身体能力を生かした「二刀流」で話題になった。

 だが、大学時点での石森には確固たる自信がなかった。

「大学では先発ピッチャーでしたけど、コントロールに苦しむことが多くて。コントロールを意識しすぎて、腕が振れなくなる悪循環でした」

 大学4年時にはプロ志望届を提出したものの、指名漏れ。それでも、石森は自分の可能性を捨てなかった。いや、「捨てられなかった」というほうが正確かもしれない。

「自分には野球しかないとずっと思っていました。ほかに何ができるわけでもないので、これで生きていくと貫けたのだと思います」

 大学卒業後、石森は「マウンドで考えてもいいことはない」という結論に達した。とにかく腕を振らないことには、自分のよさを発揮できないからだ。

「マウンドで考えて結果が出なかったのが、今までの自分でした。結局、自分がやってきたことしか試合では出せません。それなら、何も考えずに気持ちよく腕を振ったほうがいいなと。今年の夏くらいから、自分のボールに自信を持てるようになってきました」

 今季チームに加入した元ソフトバンクの馬原孝浩ピッチングGMからは、貴重なアドバイスを受けている。

「調子のいい時の球の感覚をしっかりと覚えておいて、年間通して投げ続けていくことが大事だよ」

 もはや、視線は目の前の試合ではなく、NPBでいかに活躍できるかに向いている。石森は「まだ上にバーンと抜けてしまうムダ球もあるので、減らしていきたいです」と、現状に満足はしていない。

「ドラフト1位」という声が上がり始めたことについて、本人はどう考えているのか。てっきり「自分なんてまだまだ」と謙遜するかと思ったら、石森からは「ドラ1で行くつもりでやっています」と毅然とした答えが返ってきた。

 火の国サラマンダーズの細川亨監督は、昨年まで19年間捕手としてNPBのユニホームを着たキャリアがある。その細川監督も「もちろんドラフト1位を目指してやってもらっている」と語った。