2021.07.11

ライバルはセンバツ優勝の立役者。神奈川公立校の大型右腕にプロスカウトも「楽しみな存在」

  • 大友良行●文・写真 text & photo by Ohtomo Yoshiyuki

 市立川崎総合科学高校(以下、川総)といえば、つい4、5年前までは県大会で部員数が揃わず、市立川崎と合同チームを組んだこともある弱小チームだった。

 だが最近、その川総に複数球団のプロスカウトや大学野球関係者が頻繁に足を運ぶようになった。理由は、本格派右腕・加藤隆斗(3年)の出現だ。

市立川崎総合科学高校の大型右腕・加藤隆斗市立川崎総合科学高校の大型右腕・加藤隆斗  183センチ、91キロの体は、ほかの部員たちと比べてもひと際目立つ。そんな立派な体躯から最速142キロのストレートを武器に、スライダー、チェンジアップ、フォークを駆使して相手打線を苦しめる。とにかく素質豊かな投手で、ストレートをさらに磨き上げればドラフト指名も夢ではない。

 もともと大型選手ではなかったが、高校入学前に急激に大きくなったという。

「厳しかった中学野球から解放され、ストレスもなくなったせいか、高校入学までの間に急に大きくなりました。5合分のカレーライスやオムライスを一気に食べたり、大食いになったせいもあります」

 野球を始めたのは小学4年から。川崎市立富士見中学では投手兼外野手としてプレーし、関東北信越大会で準優勝を果たすなど、神奈川県内でも屈指の強豪チームだった。同チームには東海大相模の石川永稀がいた。

 石川は今春のセンバツ大会に出場し、初戦の東海大甲府(山梨)戦で公式戦初先発。8回を1失点に抑える好投で、全国制覇の足がかりを築いた。

「石川はエース争いをしたライバルです。家は近いし、仲もいいので時々連絡を取りあっています。コロナ禍で部活動が自粛の時はキャッチボールなど、ふたりで自主トレに励んでいました。ピッチングについてのアドバイスももらっています」

 川総に赴任して16年目の遠藤順久監督は、加藤について次のように語る。

「中学の先輩がうちにいたこともあって、練習の見学に来て、気に入ったようで入学してきました。初対面の時と入学時の体の違いに度肝を抜かれました。まるで別人です(笑)。うちは毎年新入生のなかから投手を決めるのですが、初めから投手で入ってきたのは加藤が最初です。しかも名門中学からですし、それだけになんとか育て上げなくてはいけないと、責任を感じています」