2021.03.22

東海大菅生の元日本代表バッテリー、驚異の経験値。センバツ優勝を狙う

  • 高木遊●文・写真 text & photo Takagi Yu

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 3年前の夏、ともに日の丸を背負って戦った絆は、さらに強まっている。

 3月19日に開幕したセンバツ高校野球大会に6年ぶり4回目の出場を果たした東海大菅生(東京)は、中学時代に侍ジャパンU−15代表だった本田峻也(新3年)と福原聖矢(新2年)のバッテリーがカギを握る。

侍ジャパンU―15代表で一緒だった東海大菅生の本田峻也(写真左)と福原聖矢侍ジャパンU―15代表で一緒だった東海大菅生の本田峻也(写真左)と福原聖矢  2018年の夏に、南北アメリカ大陸の境に位置するパナマ共和国で開催された第4回WBSC U−15ワールドカップに、ふたりは侍ジャパンの一員として出場。当時、本田は石川県の小松加賀リトルシニア、福原は沖縄県の安仁屋ヤングスピリッツに所属していた。

「知らない人ばかりで緊張しました」という本田は、合宿初日の練習でキャッチボール相手をなかなか見つけられずにいたが、その時に福原が「やりましょう」と声をかけてきた。その後も「みんな仲はよかったですが、どうしても関西組と地方組に分かれることは多かったですね(笑)」と本田が振り返るように、ともに地方から出てきたふたりは同部屋ということもあり、親交を深めていった。

 当時、2年生で唯一代表入りしていた福原だったが、U−12でも代表経験があり、まったく物怖じしなかった。

 合宿初日の自己紹介では、どの選手もありきたりな内容になるなか、福原は「2年生は僕だけだったので、アピールしようと思いました」と、いきなり「ハイサイ!」(沖縄の方言で「こんにちは」)とあいさつ。ほかの選手たちは突然のことにキョトンとしていたが、福原はその後も堂々と自己紹介を続けた。

 その強心臓ぶりはグラウンドでも変わらず、本職は捕手でありながら二塁手も務めてベストナインを獲得。5盗塁を記録して最多盗塁のタイトルまで獲得し、身長166センチ(当時)の小柄な体ながら、チームの4位入賞に貢献した。