2020.08.02

プロ注目・中央大の牧秀悟。
「4番は黙ってランナーを還す」の心意気

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 寡黙な職人。そんなイメージのある牧に、いつか自分自身を存分に語ってもらいたい。そんな思いを伝えたところ、リモート取材が実現した。

 牧の魅力は、広角に力強い打球を飛ばせる打撃にある。3年生だった昨年は大学日本代表の4番打者を任され、リーグ戦では、春は.400、秋は.361と高打率をマーク。秋は東都大学リーグのMVPを受賞した。名実ともに大学球界を代表する右打者である。

 昨秋を終えた時点で、牧は進路を「プロ一本」に絞った。

「大学日本代表で1学年上の先輩方がどんどんプロに進んで、それを見て自分もそのレベルでやりたいなと思いました」

 長野県北部の中野市の出身。牧は故郷について「冬は雪がヒザくらいまで積もって、毎日雪かきが大変でした」と語る。家の敷地内や家の前の道に積もると、3歳上の兄とともに雪をかいたという。

 高校は松本市の松本第一に進学し、寮生活を送った。3年春には県大会を制して北信越大会に出場するなど、当時ショートを守っていた牧は県内で評判の選手になった。だが、この年の長野県には全国的な評判を得たショートが2人もいた。

「草海(くさがい)は中学時代から試合したことがあって、高校では2年で甲子園に出ましたから。元山は守備にかけては頭2つくらい抜けていましたし、しなやかで憧れるレベルでしたね」

 上田西の草海光貴と、佐久長聖の元山飛優。高校時代から投手としても注目されていた草海は、現在社会人の強豪・セガサミーで投手に再転向。元山は東北福祉大で順調に成長し、ドラフト候補に挙がっている。

 高校2年夏は草海の上田西が、3年夏は元山の佐久長聖が甲子園に出場。一方の牧を擁する松本第一は、2年連続で初戦敗退に終わった。

 将来的にプロに進みたい希望はあったものの、高校時点では自信がなかった。だが、2年連続初戦敗退のチーム実績では、有力な大学からスポーツ推薦を得ることも難しかった。

 そんな折、櫻井正孝監督(当時)から勧められたのが名門・中央大のセレクション受験だった。