2020.07.17

奈良の2強、天理と智弁学園を追うライバル勢。台風の目は進学校か

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 捕手で山本と同じく評判が高いのが郡山の土井翔太だ。捕手から遊撃手に転向後、再び捕手へ復帰した選手で、すばやい状況判断と的確なリードで投手のリズムを作るのがうまい。打者としても高いセンスをもつ。

 県内屈指の進学校でもある奈良は、昨秋は県4位。近畿王者となった天理を追い詰めた3位決定戦は圧巻だった。最後はサヨナラで敗れたものの、エース右腕の松並秀弥が好投。勝負どころで的確な制球力が光った。勝負強い左打者の鎌田晃介らが攻撃を盛り上げれば、今夏も台風の目となるかもしれない。

 高田は、巧打者・福留涼平が打線のキーマン。小柄ながらしっかり振り切るスイングで長打が期待できる。昨夏の県大会準優勝の高田商は、同大会でテンポのいい快投を見せた右腕・岩井将吾の成長が楽しみだ。打線も森田俊介ら好打者がそろう。奈良北には打撃センスの高い森田啓次郎、一条には攻守の要の正捕手・岸上夏樹斗(かぎと)、大和広陵の俊足好打者・大井悠馬にも注目したい。

関連記事