2020.07.09

鳥取に190センチの規格外遊撃手。
投手もこなし高卒プロ入りを狙う

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

 金居は豪快なフルスイングを見せてくれる左のスラッガー。ネクストでの素振りの段階からMAXの強度で振り抜く姿からは、清々しさすらも感じさせる。下級生時代は一塁手、三塁手での出場が多かったが、昨秋の中国大会から中学時代以来の捕手に復帰。最後の夏は、バットだけでなく、マスクの方でも存在感を示してほしい。

 その他では、鋭い上体回転で目の覚めるような打球を打つ米子東の山内陽太郎、確実性と一発長打の怖さを兼備した鳥取城北の吉田貫汰、フィジカルを生かした強烈なインパクトが売りの米子北の福井優伸、秋に準優勝した境の打線の中心を担う鍛冶晋之介、福家隆太郎(ふけ・りゅうたろう)の左右コンビが面白い。

 守りで注目したいのが、打球勘が優れた倉吉総合産の岩崎彰太(しょうた)、フットワークが軽やかな鳥取商の大石嵐太(あらた)、安打性の打球にも追いつく瞬発力がある倉吉東の政門友太(まさかど・ゆうた)の遊撃手たち。

 秋以降にも期待がかかる2年生では、パンチ力が魅力の鳥取城北・畑中未来翔(みくと)、甲子園に出場した兄を彷彿させる打撃センスを持つ境の林祐馬、スイング軌道の改善が結果に結びついてきた米子東の中本翔琉(かける)を覚えておいてほしい。

 投手に目を移すと、鳥取城北の分厚いブルペン陣に目を奪われる。春のセンバツでエースナンバーを背負う予定だった阪上陸は、先発、リリーフどちらでも気迫のこもったピッチングができる好左腕。上背は高くないものの、体を縦に使える投球フォームで、リリースに角度がある。