2020.06.03

大阪桐蔭・森友哉との対決に「ヤバッ」。
岸潤一郎は見下し内角を攻めた

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

こんな対決あったのか!
高校野球レア勝負@甲子園
第3回 2013年夏
岸潤一郎(明徳義塾)×森友哉(大阪桐蔭)

 明徳義塾の2年生エース・岸潤一郎(現・西武)には、お守りになる言葉があった。

「おまえが2点以内に抑えてくれたら、勝たせてやる」

 2013年夏、甲子園での大阪桐蔭戦(3回戦)の試合前、馬淵史郎監督に言われた言葉だった。

強打の大阪桐蔭打線を1点に抑えた明徳義塾の2年生エース・岸潤一郎 2年連続となる大阪桐蔭との対戦。前年は1年生ながら4番・ライトで先発し、途中からマウンドにも上がり好投を見せた。だが、打線が藤浪晋太郎(現・阪神)の前に手も足も出ず、0−4と2安打完封負け。

 大阪桐蔭には、代が変わったこの年の練習試合でも3−9と完敗しており、リベンジをかけてのマウンドだった。大一番を前に緊張感は高まる。だが、そこで岸はこんなふうに思うようにしたという。

「大阪桐蔭だからって見上げるより、見下したほうがいいと。馬淵監督に言われたことがあるのですが、『おまえは見下しているぐらいのほうがいいピッチングをするな』って。試合の前日はとにかく楽しみでした。森(友哉/現・西武)さんと甲子園で対戦できるなんて『ヤバッ』みたいな。抑えてどれだけ注目を浴びるかを考えた時のワクワク感ってハンパないじゃないですか」

 初回、緊張が力みにつながる。先頭打者にセンター右に弾き返された。悪くても三塁打の当たりだったが、この打球をセンターがダイビングして後逸。ランニング本塁打となっていきなり先制点を奪われた。いきなり1点を失ったが、ここで岸はお守りの言葉を思い出す。