2018.07.05

愛甲猛が明かす荒木大輔との決勝ドラマ
「女の子の悲鳴はすごかった」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

 決勝戦の前には、安西健二(元読売ジャイアンツ)が「1年坊主に記録つくらせるんじゃねえぞ」とチームのねじを巻いていました。「コントロールがいいから初球からいこう」と。渡辺元智(もとのり)監督も僕の打席でヒットエンドランのサインを出すなど、初回から仕掛けていきました。

 大輔は低めのコントロールがよかったんだけど、ボークをしたし、あの試合は何かが違っていましたね。決勝戦は試合前にバッティング練習もあって、甲子園にいる時間が長くて、少しずつお客さんが入ってくるのもわかる。それまでとは雰囲気が全然違っていて、何かが影響したのかもしれません。ずっとポーカーフェイスだったのに、決勝だけ動揺している感じに見えたから。

 決勝では、早実が初回に2安打と犠牲バント、スクイズで1点を取った。しかしその裏、横浜は3連打であっさり同点に追いつき、荒木のボークでもう1点追加した。

 さらに横浜は2回に1点、3回に2点を加えて主導権を握る。3回までで7安打を打たれ5失点した荒木はレフトへ。対する横浜の愛甲も万全の状態ではなかった。決勝までの5試合をほぼひとりで投げ続けたことで、体は限界にきていた。

 もう肩が痛くて、投げられる状態ではなかったですね。でも、大輔よりも早くマウンドから降りるわけにはいかない。その意地もありました。横浜がずっとリードしていましたが、このまま終わるはずはない。5回が終わってブルペンを見たら、控え投手の川戸浩がすごいボールを投げているのが見えた。「オレよりも絶対にいい」と思ったので、渡辺監督に「代えてください」とお願いしました。

 僕と大輔は3年生と1年生の差があって、高校野球の場数を踏んでいた分、こちらに流れが来たのかもしれない。ピッチング自体は最悪でしたけどね。悪いなりになんとか乗り切って。僕は開き直って、超スローカーブを投げたりしました。