2017.10.24

スカウトが「書かれちゃ困る」と
秘匿するドラフトの隠し玉が5人いた

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Jiji photo

 いよいよドラフトが目前に迫ってきた。連日、「どこのチームは○○を1位指名」という報道を目にするが、それと同じく「隠し玉発見」という記事も見かける。

 隠し玉というと、”下位指名”と決めつけられがちだが、今年のドラフトは全国区の選手が例年ほど多くない。3位指名あたりから「誰だ……!?」と言われるような、隠し玉的存在が早々に指名されることも大いに考えられる。

 こういう年こそ、あとになって振り返ると「ああ、あのときね」と、無名の逸材が発掘されるものだ。

左腕から150キロのストレートを投げ込む亜細亜大の高橋遥人 まず注目しているのは、とんでもなく速い足を持つ滝川二高(兵庫)の遊撃手・高松渡(176センチ63キロ/右投左打)だ。たとえば、一昨年の廣岡大志(智弁学園→ヤクルト2位)のような将来の主軸が期待できる大型遊撃手ではないが、足の速さだけは強烈な個性として輝いている。

 特に高校生の場合、走攻守三拍子揃った選手より、ひとつ秀でたものがある方が魅力的に映るという話を、あるスカウトから聞いたことがある。そういった意味で、高松はまさにピッタリの選手。その異次元の足に興味をそそられているスカウトは多いだろう。

 同じく遊撃手で、高校生離れした守備を披露しているのが大分商の広澤伸哉(175センチ72キロ、右投右打)。最大の特長は、相手が放った打球が、彼の体のなかに吸い込まれていくように見えるフィールディングにある。無駄に急がず、ちょうどいいタイミングで打球との接点をつくれるリズム感は天性のものだ。