2017.10.21

町の野球少年がドラフト上位候補へ。
名将と歩んだ本田仁海の3年間

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 本田は小学校1年の時に地元の北大和ドリームスで野球を始めた。6年生のとき、エースはほかの同級生だった。地元のつきみ野中学校に進み。すぐに野球部へ入部。3年になると同級生と2人でマウンドを守り、地区大会を勝ち抜いたが、県大会1回戦で敗れた。実は当時の本田を見に、土屋監督はつきみ野中学へ行ったことがある。しかし初めて見た時の印象はさえないものだった。

「頑張っている選手がいると聞いて練習を見に行ったけど、元気がないなあって。グラウンドの隅にちょこんと立っているだけ。練習前に指導者の方がやっているお店で鮨をいただいたのですが、そっちのほうが印象に残っているほどですよ(笑)。まあ真面目そうだから、一緒に頑張ろうかと。そこからです」

 本田は星槎国際湘南へ入学した。新しい高校なので実績のある選手はほとんどいなかったにもかかわらず、本田はBチームの補欠からのスタートだった。1年夏に公式戦で1イニングを投げたが、球速も130キロ程度だった。ところが1年の終わりから2年の初めにかけて、本田は大きく変わる。

「ちょっとシャドーやってみようか」

 1年の冬、本田は土屋監督に呼び止められた。土屋監督は選手の体の特長を、投手ならシャドーピッチング、野手なら素振りでみる。本田は何度か繰り返した。

「今度は上から投げてみるとどうだ」