2017.08.20

あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、
捕手・上本達之が明かす

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

 夏の甲子園では数多くの劇的な結末があったが、これほど観客があっけにとられた試合はないだろう。延長15回までもつれた1998年8月16日の宇部商業(山口)と豊田大谷(愛知)戦は、「サヨナラボーク」で決着がついた。まさかの結末に甲子園は悲鳴とため息に包まれた。

 宇部商業の小柄なサウスポー・藤田修平をリードしていた捕手が上本達之だった。現在、埼玉西武ライオンズでプレーする上本は『敗北を力に! 甲子園の敗者たち』(岩波ジュニア新書)で、この衝撃的な体験について振り返っている。気温38度、炎天下の試合で、一体何が起こったのか?

延長15回裏、サヨナラボークで豊田大谷勝利の瞬間。右端の捕手が宇部商・上本

ランナーがサインを覗いていることに気づきながら……

──上本選手が夏の甲子園でプレーしてから19年が経ちました。いまだにあの試合が話題になることが多いですね。

上本 今でも僕たちのことを思い出していただけるのはうれしいですね。あの瞬間のことは、あまり覚えていません。ものすごく暑かったことだけは記憶にあります。僕が試合について話をするのは今回が初めて。これまでは、ピッチャーばかりが注目されてきたので……。ずいぶん時間が経った今だから話せることがあります。