2016.10.06

早実・清宮幸太郎のセンバツ出場を阻む、
都内のライバル投手たち

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 そしてもう一人の看板はスリークォーター右腕・米原大地。140キロを超えるストレートと曲がりの大きなスライダーを武器にする好投手で、今夏の西東京大会ではリリーフとして好投。早実戦では清宮に「あわやホームラン」という大飛球を打たれたが、風にも助けられ右飛に抑えている。甲子園で打ち込まれた経験を糧に、秋に成長した姿を見せられれば、八王子の快進撃はさらに続くだろう。なお、八王子は早実とは反対側のブロックに入っており、対戦するとすれば決勝戦になる。

 秋の大会はどのチームも手探りでチームづくりをしているため、勝ち上がりを予測するのが難しい。それでも、もし早実が順調に勝ち上がったとしたら、大きなヤマ場になるのは準々決勝になりそうだ。その相手は3季連続で甲子園に出場している関東一か、西東京大会で3年連続準優勝の東海大菅生、この2校のいずれかと予想される。

 特に関東一には、高橋晴という大型右腕がいる。今夏はベンチ入りを逃したが、190センチに迫る巨体から140キロを超える快速球を投じる大器だ。今秋の一次予選では安定感のある投球を披露し、仕上がりの良さを見せた。また、関東一には小川樹という好投手も控えており、野手陣のレベルも高い。今大会の優勝候補と言えるだろう。

 東海大菅生には投打に能力の高い小玉佳吾がいる。今夏のエース・伊藤壮汰をも凌ぐ快速球を投げ込むと評判の右腕だが、試合をまとめる能力はまだ発展途上。試合を重ねるなかで「勝てる投球」を身につけられるかが、カギになりそうだ。