2015.08.06

甲子園開幕。この夏の注目校&注目選手、一挙紹介!

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

 高校野球が始まって100年。横浜・渡辺元智監督の勇退や、1年生のスーパースターの登場で、地方大会から話題を集めた第97回全国高校野球選手権大会が今日から開幕する。

春夏連覇に挑む、敦賀気比のエース・平沼翔太

 実力ナンバーワンの優勝候補筆頭は東海大相模(神奈川)だ。エース左腕の小笠原慎之介(3年/左投左打)は最速150キロの速球にチェンジアップも冴え、神奈川大会では27イニングを投げて30奪三振。防御率0.00と圧倒的な力を見せた。

 右腕の吉田凌(3年/右投右打)も140キロ台の速球と切れ味鋭いスライダーを持ち、昨夏の神奈川大会決勝で20奪三振をマークした実力者。この他にも2年生の北村朋也(右投右打)も最速145キロを誇り、3人の強力投手陣を擁するのは心強い。神奈川大会では小笠原と吉田が交互に先発したが、甲子園ではどんな起用をするのか、門馬敬治監督の采配も見逃せない。

 野手も通算35本塁打の杉崎成輝(3年/遊撃手/右投左打)、主将の長倉蓮(3年/捕手/右投右打)、4番の豊田寛(3年/外野手/右投右打)ら、昨年からのレギュラーが5人残り、経験も豊富。昨年夏は初戦敗退に終わっただけに、聖光学院(福島)との初戦(大会7日目・第1試合)がカギを握る。

 東海大相模と並び、優勝候補に挙げられているのが、センバツ優勝の敦賀気比(福井)。投打で注目を集めるエースの平沼翔太(3年/右投左打)、センバツで史上初となる2打席連続満塁本塁打を含む、3本塁打の大会タイ記録を作った松本哲幣(3年/外野手/右投右打)らを中心に実力、経験とも申し分ない。

 ただ、追われる身となった今回、福井大会決勝で延長10回サヨナラ勝ちと苦戦したように、「勝たなければならない」プレッシャーとの戦いになる。相手よりも己との戦いになるだろう。それを乗り越えれば、春夏連覇も見えてくるのだが......。