2015.11.03

【自転車】TeamUKYOが掲げる「2016年の次なるステップ」

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

 どんなスポーツでもそうだけど、チームを運営している以上、マネージメントをする僕たちはこういうことにも慣れなければならない。強い選手が自分たちのもとを出て行くのなら、こちらはさらに強い選手にチームのなかで活躍してもらって、自分たちがどんどん力をつけていけばいい。それが本来のあるべき姿ですよね」

 そのためには、「UCIレースで勝てるチームにすること」が次のステップに進むための目標だ。前述したが、今年のTeamUKYOは日本で開催されるUCIレース(ツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・熊野、ツール・ド・北海道ジャパンカップ)では、1勝も挙げることができなかった。

「毎年そうだけれども、去年より今年のほうが強い、今年より来年のほうがさらに強い、というチームにしていかなければならない。だから、今年達成できなかったことが、次のスタート地点に立ったときの目標になります。

 来年は今以上に攻撃力のある強いチームにして、Jプロツアーでは『TeamUKYOさん、もう勘弁してください』と言われるくらいの強さを発揮して連覇をしたい。それだけの強さを見せつけながら、ときには若い選手がエースの役割を担って活躍することで、彼らが実力と自信をつける場にもしていきたいと考えています。