2015.04.20

【自転車】片山右京が語る「TeamUKYOに『No』はない」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira  TOBI●写真 photo by TOBI

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第53回】

 TeamUKYOが目標とする「2017年のツール・ド・フランス参戦」を実現するには、どのような道筋を辿っていかなければならないのか――。チームを率いる片山右京に、その実現性について聞いてみた。すると、実業家としての確固たるビジョンの輪郭が見えてきた。

(前回コラムはこちら)

TeamUKYOの将来をしっかりと見据えて語る片山右京 TeamUKYOが活動を開始した2012年、片山右京は、「5年後の2017年にツール・ド・フランスへ参戦したい」と宣言した。

 2017年のグランツール参戦を実現するためには、2016年にはプロコンチネンタルチームとしての活動ができていなければならないだろう。プロコンチネンタルチームは、グランツールをはじめとするワールドツアーレースに無条件で参戦できるわけではなく、主催者推薦などを通じて、レースごとに限られたワイルドカードの出場枠を獲得しなければならないからだ(用語説明ページ「チームカテゴリーによる参加資格」参照)。

 つまり、プロコンチネンタルチームは2016年に十分な活動実績を挙げて、各レース主催者が納得するような存在感と戦力を示しておかない限り、2017年のワールドツアーレースの出場枠獲得は見込めない、ということだ。

 そして、2016年にプロコンチネンタルチームとして活動を開始するためには、その前年(2015年)に国際自転車競技連合(UCI)に申請書類を提出し、承認されていなければならない。これはすなわち、来年からプロコンチネンタルチームとして活動するための骨格を、今年のうちに作ってしまわなければならない、ということでもある。