2014.05.12

【自転車】片山右京「今中大介をもう一度ツールに連れて行きたい」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第4回】

 片山右京は、ふたつのキッカケからチーム結成を決意。ひとつは、ツール・ド・フランスを題材にした『チェイシング・レジェンド』という映画。そしてもうひとつは、元自転車ロードレーサーの今中大介との出会いだ。今中との交流のなかで、片山は何を感じ、何を思ったのか――。

(前回のコラムはこちら)

ツール・ド・フランスの思い出を今中大介から聞き、片山右京は決意を固めた サイクルロードレースをテーマにした数ある映画のなかでも、『チェイシング・レジェンド』は最も優れた作品のひとつだろう。

 2009年のツール・ド・フランスを題材にとったこのドキュメント作品では、英国人選手のマーク・カヴェンディッシュをエースに擁する「チームコロンビアHTC」の動向を丹念に取材し、彼らの活動を中心に3週間に及ぶ長丁場のレースを立体的に描き出してゆく。

 スター選手たちの華やかなリザルトを追うだけでなく、作品内ではエースを勝たせるために自らを犠牲にしてアシストの役割に徹する選手の姿や、ときに齟齬(そご)をきたすチーム監督とチームオーナーの思惑の食い違いなども、丁寧にすくい上げる。また、過去の名選手やベテランジャーナリストたちの証言等もカットバック風に交えることで、100年以上の歴史を持つこの世界最大のロードレースの魅力を、縦横斜めの様々な軸から存分に描き出している。

 一面のひまわり畑の中を無数の自転車が次々と走り抜けてゆく姿や、鮮やかな高い青空を背景に、峻険(しゅんけん)な山岳の坂道を選手たちが懸命に駆け上がってゆく様子は、そこに展開される波瀾万丈のドラマとも相(あい)まって、息を呑むほど美しい。

 片山右京ならずとも、この作品を観たものは、ほぼ間違いなく、ツール・ド・フランスの底知れぬ魅力に取り憑かれてしまうことだろう。