2016.02.28

【新車のツボ120】
レクサスLX試乗レポート

  • 佐野弘宗+Sano Hiromune+●取材・文・写真 text&photo by

 昨年秋、一部の好き者が狂喜乱舞するレクサスがデビューした。その名は”LX570”。

 レクサスの命名法にはある程度の規則性があるので、好き者は実物を見なくとも車名だけで、そのクルマとなり……を頭に浮かべることができる(まあ、ここでは写真がいきなり出ちゃってますが)。

 まず、最初のアルファベット2文字が、レクサスではジャンルを含めたクルマそのものを表す。今回のLXのように2つめに”X”がつく場合は、種別としてはクロスオーバーやSUVとなる。で、頭のアルファベットが示すのは、そのクルマのサイズやクラス。レクサスの最高級セダンがLSであることからもわかるように”L”はレクサスでもっとも大きく豪華なクラスを意味する。

 さらに、末尾の3ケタ数字はエンジンの排気量や動力システムの格を表すもので、”570”とは文字どおりの5.7リッター。ちなみに570という数字は、レクサスの純エンジン車としては最大だ。