2021.10.24

宮司愛海アナが会いたかったスノーボード・竹内智香選手6回目の五輪へ。迷いたどり着いた「答え」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』第27回

フジテレビの人気スポーツ・ニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった『Manami Memo』。第27回は、スノーボード・パラレル大回転の竹内智香選手にインタビューをした時のお話。取材を通して、宮司アナが感じたこととは?

 今回は、私がずっとお話を伺ってみたいと思っていた方です。

 スノーボード パラレル大回転・竹内智香選手。2014年ソチオリンピックでの銀メダル獲得をはじめ、これまで5回冬季五輪に出場している、まさに"挑戦し続ける人"です。竹内選手は、来年の北京オリンピックの派遣推薦基準もすでにクリアしており、冬季では日本女子最多となる6回目のオリンピックを確実にしています。

 2018年の平昌オリンピックでは、現地にいながら残念なことに取材する機会がありませんでしたが、竹内選手の競技に対する原動力と、競技以外でもさまざまなプロジェクトを立ち上げる行動力や求心力。そして、女性としてのキャリアの考え方など、聞いてみたいことがたくさんある方だと以前から思っていました。

 8月、東京オリンピックが終わったばかりのとある夏の日に、シーズンイン前の竹内選手に、練習拠点で竹内選手の故郷でもある、北海道・旭川でお話を伺うことができました。

 実際にお会いした印象は、とにかくフレンドリーでパワフルな方! お会いして早々、初対面の私に「終わったらうちで温泉に入って帰りなよ~!」と気さくに声をかけてくださったかと思うと(竹内選手のご実家は、旭川・東川町にある「湧駒荘」というホテルです)、話題はコロコロと変わり、いつの間にか竹内選手が今まさに取り組んでいるという肌質改善の話に(笑)。いつもは「選手に心を少しでも開いてもらうために、雑談のネタをたくさん用意していかなくては......」なんて思っている私ですが、竹内選手の前には全く通用しない、いえ、むしろ私の心のほうがいつの間にか全開になってしまっていたのでした。

旭岳の麓でインタビュー 写真:フジテレビ提供旭岳の麓でインタビュー 写真:フジテレビ提供