2019.12.31

2020年の始まりはニューイヤー駅伝!上村アナが見どころと注目選手を紹介

 ■TBSの上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが現場で取材した大会でのエピソードや舞台裏、インタビューしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えるこの連載。今回のテーマは、元日の朝にスタートするニューイヤー駅伝。伝統ある大会の優勝争いや注目選手について語ってくれました。

ニューイヤー駅伝の中継を担当する上村彩子アナウンサー photo by Yamamoto Raita 2015年にTBSに入社して以来、私が毎年中継を担当しているニューイヤー駅伝。2020年元日も、私はスタートフィニッシュ地点や監督ルームからリポートを担当します。 群馬県前橋市での年越しは私にとって今回で5回目になりますが、そのうちの3回は旭化成が優勝。4連覇達成なるかが、見どころのひとつです。オリンピックイヤーの2020年、最初の日本一が決まります!

 箱根駅伝を走ったスター選手たちも数多く出場するこの伝統の一戦は、今回で64回目になります。いわばお正月の風物詩。大学時代はチームメイトだった選手たちが違う実業団チームに入って戦う姿を見られるのは、ニューイヤー駅伝ならでは。同じ大学出身の先輩・後輩対決も楽しみです。

 今回初出場のGMOインターネットグループは、箱根駅伝で優勝経験のある青山学院大出身の選手たちが多く所属し、アドバイザーは、青山学院大学の原晋監督、チームを率いるのは上武大学を箱根駅伝初出場に導いた花田勝彦監督。もし初出場で初優勝したら、1984年に瀬古利彦さんが所属していたエスビー食品以来、36年ぶりの快挙となります。

 このほか、マラソンの前日本記録保持者の設楽悠太選手(Honda)や、以前この連載でも紹介したアジア大会ジャカルタでのマラソン金メダリスト・井上大仁選手(MHPS)の走りも見逃せません。。

 見どころ盛りだくさんのニューイヤー駅伝ですが、やはり前回王者であり最多の24回の優勝を誇る旭化成は、今回も盤石の強さ。意外なことに東京五輪マラソン代表を決める選考レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に出場した選手はいませんが、実力者ぞろいで総合力が高いチームです。