2018.02.04

【書籍紹介】黄金の1年
一流Jリーガー19人が明かす分岐点

【1月27日(土)発売】あのシーズンがあったから今がある
Jリーグの歴史を動かしてきた男たちの「心の声」

 レギュラー獲得、代表入り、移籍、ケガ、監督との確執……サッカー選手にはポジティブな意味でもネガティブな意味でも、のちのキャリアに決定的な影響を及ぼした転機のシーズンがある。そんな一流Jリーガー19人の「黄金の1年」を徹底取材で解き明かす。人がもがき苦しみ自分の殻を破る時、そこには”感動的なドラマ”がある。

【著者プロフィール】
飯尾篤史(いいお・あつし)

1975年生まれ、東京都出身。明治大学を卒業後、日本スポーツ企画出版社に勤務し、『週刊サッカーダイジェスト』の記者を務める。2012年からフリーランスに転身し、ワールドカップをはじめ、国内外のサッカーシーンを中心に精力的な取材活動を続けている。著書に『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』、城福浩『Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法』などがある。

【書誌情報】
定価:1500円+税
発行:ソル・メディア
発行日:2018年1月25日
仕様:四六判/並製/280頁
ISBN:978-4-905349-36-5

書籍の特設ページはこちらから>>

1

関連記事