2017.04.19

【書籍紹介】考えて勝つ! 少年野球
勝利のカギは「1死三塁」!!

 学童野球の最高峰『高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会』に10回の出場を誇る滋賀県の多賀少年野球クラブ。かつては弱小だった同チームが全国屈指の強豪チームになるまでの強化ポイントを、本書では実際に行なった順にまんがでとてもわかりやすく解説している。

 さらに、本書の監修者で多賀少年野球クラブの指揮官である辻正人監督が、長い指導生活の中で培ってきた”学童野球で勝つための秘密”を惜しげもなく公開。実際にプレーする子どもたちだけでなく、指導者や保護者にとっても参考となる情報がふんだんに詰まっている。

 体格や筋力に頼らずとも、野球がうまくなり、そして強くなる方法が明快かつ詳細に記された、まさしく少年野球の”バイブル”。全国の少年野球チームが注目するカリスマ監督の画期的な指導と、恐るべき必勝野球術を存分に吸収し、今後の練習や試合の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【目次】
◆STEP1 試合に負ける理由に気づけ!
◆STEP2 正面の球を確実にアウトにせよ!
◆STEP3 ピッチャーはコントロールの練習を優先で!
◆STEP4 点を取るため打撃をみがけ!
◆STEP5 ファインプレーの練習をせよ!
◆STEP6 キャッチャーは守備の要!
◆STEP7 めざせ「1死三塁」!
◆STEP8 前のランナーを絶対に進めろ!
◆STEP9 「かしこい野球」が勝利に導く!
◆STEP10 「1死三塁」をつくらせない守備
◆STEP11 大量得点をねらおう!
◆STEP12 相手の強打をふうじよう!
◆STEP13 ソツのない走塁をしよう!
◆STEP14 相手ランナーに盗塁をさせるな!
◆STEP15 打球をカッコよくさばいて目立とう

【監修】辻正人(多賀少年野球クラブ監督)
つじ・まさと。1968年、滋賀県生まれ。近畿大学卒。多賀中で軟式野球を本格的にはじめ、近江高・硬式野球部に進む。20歳で多賀少年野球クラブを結成し、以来、監督として指導にあたっている。プロ野球選手の則本昂大投手(東北楽天)は同クラブOB。少年野球専門誌で連載ページを執筆するなど、「カリスマ指導者」として知られている。

【まんが】茶留たかふみ
【原作】山本イチロー

■定価:1200円(+税)
■発行元:株式会社 集英社

詳しくはこちらへ>>

1

関連記事