2021.11.12

熱を伝えるチームに変貌。ダンサーFISHBOYがDリーグ2シーズン目で巻き返しを誓う

  • text by Sportiva
  • 廣瀬久哉●撮影 photo by Hirose Hisaya

第一生命 D.LEAGUE 21-22 SEASONに臨むCyberAgent Legitのダンサーたち第一生命 D.LEAGUE 21-22 SEASONに臨むCyberAgent Legitのダンサーたち

FISHBOY インタビュー①

 ダンスのプロリーグ「第一生命 D.LEAGUE(以下:Dリーグ)」の2シーズン目「21-22 SEASON」が11月14日(日)に開幕する。開幕シーズンだった「20-21 SEASON」は全9チームだったが、この21-22 SEASONからは2チームが増え、11チームでの戦いになる。

 新たに始まるシーズンでも、引き続き1チーム8人が出演し、約2分のダンスパフォーマンスを繰り広げる。1シーズンで12回開催するラウンドでは毎回順位付けを行ない、総合ポイントで上位4チームとワイルドカードで選ばれた2チームが、チャンピオンシップへ進出して頂点を競う。

 Dリーグは、さまざまなジャンルのダンスチームが混在する、非常にユニークなプロリーグだ。そのなかで、異彩を放っていたのが、CyberAgent Legit(サイバーエージェント レジット)。世界のダンスコンテストやバトルで活躍するメンバーが集結したチームで、ダンスジャンルの垣根を越えたパフォーマンスで観客を魅了している。

 このチームのディレクターを務めているのが、ダンス世界一に輝いた実績を持つ、FISHBOY だ。彼はオリエンタルラジオの中田敦彦を兄に持ち、RADIO FISHのメンバーとして活動していることでも知られている。

 FISHBOYは、そのほか多くのDリーグチームのディレクターが、振り付けを担ったり、時にはダンサーとして出場することもあるなかで、異なる形でチームに関わっている。

「チームのメンバー選びや、メンバーに対しての教育、あとはスポンサーに対しての営業、自治体との取り組みなどを進めたりとか、そんなことをやっています。振り付け自体はやらないんですが、作品コンセプトの相談や音楽の制作プロデューサーの紹介、立ち合い、曲のクオリティーコントロールとかは、僕がやってますね」

 FISHBOYはディレクターという肩書ではあるが、プロデューサー的な立ち位置に近いかもしれない。

 CyberAgent Legit の最も特徴的なところは、多彩なジャンルの一流ダンサーたちが集結した点だ。ほとんどのチームは、ヒップホップ、ブレイクダンス、クランプなどある特定のジャンルのダンサーでチームを結成するなか、CyberAgent Legitは、ヒップホップ、ロック、ブレイクダンス、ポップなど、さまざまなダンサーが集まっている。メンバー選考に関わったFISHBOYはその理由をこう語る。