2021.06.01

馬場ふみか、水泳・飛び込みのすごさを学ぶ。「高さは大丈夫でも…」

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi

「ドラマホリック!『DIVE!!』」出演・馬場ふみか インタビュー【前編】

『DIVE!!』で飛び込みの敏腕コーチ役を演じる馬場ふみかさん ©2021森絵都・角川文庫刊/ドラマ「DIVE!!」製作委員会、田口沙織撮影『DIVE!!』で飛び込みの敏腕コーチ役を演じる馬場ふみかさん ©2021森絵都・角川文庫刊/ドラマ「DIVE!!」製作委員会、田口沙織撮影 この記事に関連する写真を見る
高さ10mから時速60kmで降下し、着水までの空中演技の技術や入水の美しさを競う競泳「飛び込み」。この競技を題材としたドラマ『DIVE!!』(テレビ東京ほか、毎週水曜24時〜)は、オリンピックを目指す高校生たちが葛藤に向き合い、壁を乗り越えて成長していく姿を描いた"スポ根"青春物語だ。

作品の中で、高校生たちを指導する敏腕コーチ・麻木夏陽子を演じるのが、女優やファッション誌『non-no』モデルとして活躍する馬場ふみかさん。インタビュー前編では、役作りのこだわりや撮影時のエピソードなどについて聞いた。

ーーコーチ役として出演が決まった時の気持ちを聞かせてください。

馬場ふみか(以下、馬場) これまでコーチ役の経験がなかったので驚きました。同時に、自分が大人の役を演じる年齢になったんだなとしみじみ思いました(笑)。これまでの作品では生徒だったり、社会人の新人だったりが多かったので、コーチ役を演じる年齢になったのか、と。でも、新しい挑戦であり、飛び込みというスポーツに出会えるすばらしい機会でもあったので、とても楽しみでした。

ーードラマではクールで厳しい"鬼コーチ"を演じていますが、役作りで気をつけていることはありますか?

馬場
 単に厳しくて怖い人にはならないように気をつけています。麻木コーチの指導は確かにかなり厳しいですが、その裏には生徒たちに対する愛があるので、そういう部分がしっかり見えるように意識していますね。