2020.12.12

上坂すみれが「クライミングをしたくなる」主演アニメの魅力を熱弁!

  • 小山田裕哉●取材・文 text by Yuya Oyamada
  • 鈴木大喜●撮影 photo by Daiki Suzuki

★上坂すみれインタビュー(後編)

◆インタビュー前編はこちら>>

『いわかける!』で主人公の笠原好役を演じた声優の上坂すみれさん『いわかける!』で主人公の笠原好役を演じた声優の上坂すみれさん
東京2020オリンピックで実施競技に追加され、日本でも年々競技人口が増えているスポーツクライミング。そんなスポーツクライミングを世界で初めて題材にしたアニメ『いわかける!- Sport Climbing Girls -』が、ABCテレビ・テレビ朝日系列24局全国ネットで放映中だ。

パズルゲームで培った天才的センスを活かし、全国の頂点を目指す主人公・笠原好(かさはら・このみ)を演じたのは、人気声優の上坂すみれ。インタビュー後編では、アニメの見どころだけでなく、スポーツクライミングの魅力についても引き続き話を聞いていく。

――『いわかける!』はスポーツクライミングの描写だけでなく、クライミング部の仲間たちや他校のライバルなど、印象的なキャラクターが多く登場する点も魅力となっています。特に同級生の上原隼(うえはら・じゅん)は、幼い頃からクライミング一筋というキャラクターで、好がスポーツクライミングにのめり込むきっかけを作った人物でもあります。この正反対な性格の2人の関係性が徐々に変化していく過程も、アニメの見どころですね。

上坂すみれ(以下、上坂) 隼ちゃんは本当にストイックですよね。反対に好はずっとゲーマーだったせいか、天真爛漫に「友達ができてうれしい!」という気持ちが先走って、ちょうどいい距離の取り方があんまりよく分かっていない(笑)。でも隼ちゃんとは仲良くしたいっていうところで、最初は好から一方通行の矢印なんですけど、少しずつ隼ちゃんからも返ってくるようになっていきます。

――実際、作中では好と隼が掛け合うシーンが多いですよね。

上坂 隼ちゃんを演じた石川由依さんの声がすごくソリッドでかっこいいので、初めてアフレコしたときから、「ああ、隼ちゃんだ」とすんなり入り込めました。好と隼ちゃんとの掛け合いは、やっていくうちにどんどん関係性が変わっていくので、私もやっていて楽しかったです。

――ゲーマーで運動経験がほとんどないという好の設定は、上坂さんとも重なるところがあります。

上坂 私も好にはすごく共感できました。スポーツって、隼ちゃんみたいに小さな頃からひとつのことに打ち込んできた人がエリートになるイメージがあって、それで遠ざかっていたところもあったんです。でも、好はそうじゃないですからね。好を見ていると、スポーツだって自分が夢中になれるのであれば、いつ始めてもいいんだと伝わってきます。

こういうメッセージは、きっとアニメを見ている視聴者の方にも共感してもらえると思うんですよ。深夜アニメを見ている人も、どちらかといえば、私と同じように「運動はそれほど......」という人が多いんじゃないかと思います。『いわかける』はかわいい女の子がいっぱい出てくる作品ですから、そこを目当てに見始めた方もたくさんいるでしょうし。

――スポーツクライミングの激しい描写を見ていると忘れそうになりますけど、女子高を舞台にした、美少女ばかり出てくる作品なんですよね。

上坂 そうなんですよね(笑)。青春とスポ根があって、「おまけに女の子もかわいい!」っていう盛りだくさんな作品です。