2022.01.06

「パリ五輪ではメダルが獲れるという自信がついたのでは」東京五輪で玉井陸斗が示した素質の高さと今後の課題

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

Sportiva注目アスリート「2022年の顔」
第6回:玉井陸斗(飛び込み)

(第5回:佐藤心結(ゴルフ)女子ツアーに現れた「大器」>>)

スポルティーバが今年とくに注目するアスリートたち。その才能でどんな輝かしい活躍を見せてくれるのか。「2022年の顔」と題して紹介する。

※   ※   ※ 

東京五輪の大舞台でも立て直して入賞を果たした玉井陸斗東京五輪の大舞台でも立て直して入賞を果たした玉井陸斗  昨年、14歳で東京五輪に初出場した飛び込み男子高飛び込みの玉井陸斗(JSS宝塚)は、その大舞台で、予選16位から準決勝では8位に順位を上げて決勝に進出。決勝では準決勝の得点を18.30点上回る431・95点で7位入賞を果たした。同種目では2000年シドニー五輪で5位になった、同じクラブの先輩・寺内健以来の入賞という偉業だった。

 小学1年から飛び込みを始め、2019年4月の日本室内選手権では12歳7カ月ながらも474.25点という高得点で史上最年少優勝を果たして注目された。同年8月の世界選手権は年齢制限のために出場できなかったが、その後9月の日本選手権では室内選手権よりも難易度を落とした構成で臨んだものの、世界選手権4位相当の498.50点を出して優勝した。

 コーチはレジェンド・寺内を育てた馬淵崇英氏。その寺内に次いで日本飛込界の、新たな歴史を作る逸材として注目されるようになった。

 そして2020年2月の国際大会派遣選考会でも、日本選手権より1種目だけ難易度を落とした構成で臨んで458.05点を出して優勝。東京五輪出場権獲得のラストチャンスとなるワールドカップ東京大会の出場権を獲得した。

 しかし、新型コロナ感染拡大の影響で大会は中止。五輪自体も1年延期になった。2021年5月に東京五輪プレ大会も兼ね、改めて開催されたワールドカップでは、予選の5本目終了時点で準決勝進出圏外の19位タイながら、ラストの5255B(後ろ宙返り2回半2回半ひねりえび型)をきれいに決めて91.80点を獲得。15位に順位を上げて準決勝進出18名までに与えられる出場権を獲得した。決勝では8位と勝負強さを見せつけた。

そして、その勝負強さは、東京五輪でも存分に披露された。