2020.07.10

神野大地マラソン人生の第2章がスタート。
新コーチは元五輪ランナー

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

 神野大地は3月1日の東京マラソン後、少しオフを取り練習を再開したが、世間はコロナ禍の最中、神野も少なからず影響を受けた。プロランナーゆえもともと単独の練習が多く、それ自体は問題なかったが、多くのレースや記録会が中止・延期になり、予定していたトラックでの強化は難しくなった。

「4月からトラックレースに出て、4月末から5月にかけて日体大の記録会、そして7月にホクレン(ディスタンスチャレンジ2020)の1万mで自己ベストを狙おうと考えていたんです。でも、コロナの影響でなくなったので、マラソンの土台づくりのための練習に切り替えました」

藤原新コーチのもと、新たなスタートを切ったプロランナー・神野大地 トラックで得られるのはスピードだが、その強化はマラソンの走りに大きな影響を及ぼす。レースがないということは、それまで練習でやってきたことを試すことができず、実戦感覚が養えなくなる。

「もちろんショックですし、モチベーションも下がりました。練習をして、それを試合で試すことで、また次の練習につながる。レースは今の自分の実力を計れる場であり、それがないと自分の実力が上がっているのかどうか判断できないし、今やっている練習がいいのかどうかもわからない。自分だけじゃないですけど、やっぱり精神的にきついですね」

 練習だけの日々が続くなか、神野は学生ランナーのためにある試みに取り組んだ。中学生、高校生、大学生とのオンライン面談を実施したのだ。

「モチベーションは下がっていたんですけど、僕よりも最終学年である中3、高3、大学4年の学生アスリートはもっとつらい状況にある。自分がその年代だったらと思うと……そこで、何かできることはないかなって思いついたのがオンライン面談でした。

 やる気のある選手が大会の中止によってモチベーションを失い、スポーツに対する熱量が下がってしまうのはものすごくもったいない。それで直接話をして、落ち込んでいるのなら気持ちを少しでも前向きにしたいなと思ったんです」