2018.12.24

平成最後の箱根駅伝。どこが青学を止めるのか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

留学生で主将を務める4年のワークナー・デレセ photo by Nishimura Naoki/AFLO SPORT拓殖大学

留学生の主将・デレセを軸に過去最高順位を

 前回8位に入り、今季は7年ぶりに出雲駅伝に参戦。過去最高の4位に食い込んだ。上尾ハーフでもワークナー・デレセ(4年)の1時間1分50 秒を筆頭に、多くの選手が自己記録を更新。登録選手上位10人の平均タイムは例年通り、距離が長くなるほど順位が高くなり、ハーフで7位につけている。

 2区は4年連続となるデレセが濃厚。前回は13位から5位まで順位を上げており、今回も2区で上位進出が計算できる。1万m28分台の馬場祐輔(4年)と赤﨑暁(3年)も往路候補で、序盤からいい流れが作れそうだ。

 山は前回5区11位の戸部凌佑(4年)、同6区7位で1万m28分台に突入した硴野魁星(4年)が配置される見込み。ロードに強い選手が揃うだけに、復路で大きく崩れる不安は少ない。過去最高順位の7位を上回り、大躍進できるか。