2013.11.02

【続・東京マラソンへの道】中島彩「54歳の母と大阪マラソンを完走!」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちは! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。10月27日、台風一過の晴天に恵まれた大阪マラソン2013。私は、マラソン初挑戦の54歳の母とペアエントリーで見事当選し、出走してきました! ランニングにハマった私の影響で、「地元の大阪を走ってみたい」と思っていた母は、これまで2年連続で大阪マラソンに落選。そして、「三度目の正直」で当選し、それからの約4ヵ月は必死に練習を重ねてきました。よって今回のテーマは、「RUN×母と大阪マラソン2013」。母と一緒に走った42.195キロを紹介したいと思います!

不安だった台風が過ぎ去ったので、快晴の中、大阪マラソンを走ってきましたよ!☆制限時間との勝負。しかし思わぬトラブルが!

 初めてのマラソン大会で、42.195キロに挑戦する母。一生懸命に練習したものの(「54歳の母がマラソン初チャレンジ!」参照)、母は病気がちなこともあって、不安な私はゴールまで一緒に走ることにしました。そして、大会当日――。不安視されたふたつの台風(27号&28号)が過ぎ去ってくれたので、スタート地点の大阪城公園は快晴! 大阪城を築城した豊臣秀吉さまに、「お母さんが完走できますように」とお願いし、スタートの号砲を待ちました。

 今大会のフルマラソン参加ランナーは、2万9112人。スタート地点に立っていた松井一郎・大阪府知事を目撃すると、母は大興奮。大きく手を振り、「頑張ってきます~!」と大声で叫んでいました(笑)。そして、いざ走り始めても沿道の方に、「頑張りますね!」「大阪マラソン、当たったんです!」と、まるで芸能人ランナーのような丁寧な挨拶っぷり(笑)。このテンションで42.195キロ、もつのかなぁ……と不安に思いつつ、1キロ9分ペースで難波・心斎橋方面に走り始めました。

 今回の母と娘で走る大阪マラソンのポイントは、10個の関門を制限時間内に通過し、7時間以内に完走すること。母の体力や練習量を考えると、あまり余裕があるとは言えないレースです。そして、難波に到着して、ミナミの名物「グリコのネオン看板」を過ぎ、国立文学劇場前を通過した8キロ地点――。街の景色を楽しんでいた母に、思わぬアクシデント! なんと、両手を地面に広げるように、いきなり転倒してしまったのです! 後方を走るランナーと足が絡んだらしく、母の手や足には擦り傷ができ、さらには流血も……。何が起こったのか分からず唖然(あぜん)とする母。私もビックリしましたが、ここで落ち込んでいる時間はありません。「とにかく今は10キロの関門目指して行くよ!」と励まし、再び母を走らせました。