2019.09.22

パラスイマー鈴木孝幸「ぎりぎり合格」。
世界選手権で復活を印象づけた

  • 斎藤寿子●取材・文 text by Saito Hisako
  • 越智貴雄●写真 photo by Ochi Takao

 9月9日~15日の7日間にわたって、ロンドン市内のオリンピック・パークにあるアクアティクスセンターで、2年に一度行なわれているパラ競泳の世界選手権が開催された。今大会、日本選手団のキャプテンを務めたのが鈴木孝幸(ゴールドウイン)。7日間で5種目10レースという過密スケジュールに挑んだ鈴木は、全種目でメダル(銀4、銅1)を獲得。

世界選手権では金には届かなかったが、納得の泳ぎをした鈴木孝幸 そのうち3種目では自己ベストを更新し、自らの実力を出し切った。金メダルには届かなかったものの、いずれも世界トップレベルのパフォーマンスを披露し、1年後への期待が高まっている。3大会ぶりとなる”パラリンピック金メダリスト”へ、加速し始めた鈴木の姿を追った。

 来年の東京パラリンピックの出場枠がかかった今大会、各種目上位2人には国・地域別出場枠が与えられることになっていた。また、日本身体障がい者水泳連盟および日本知的障害者水泳連盟は、優勝者に代表内定を出す方針としていた。

 そのため、4種目で銀メダルを獲得した鈴木は、内定は取れなかったものの、日本に出場枠をもたらした。

 今年3月の代表選考会で世界選手権の派遣標準記録を突破したのは14人。少数精鋭となった日本選手団の中に、32歳の鈴木はしっかりと入ってみせた。

 今大会は、鈴木にとってひとつの”勝負”でもあった。2年前、彼はこう語っていた。

「今はまだ、東京パラリンピックを目標としてはいないんです。まずは、世界と戦うことができるかどうかを見極めること。2019年には自分が東京を目指せる選手かどうか、その答えが出るはずです」

 もともと「メダルが取れなくなった時がスイマーとしての潮時」という考えを持つ鈴木にとって、東京パラリンピックを目指すことはそう簡単なことではなかった。

 鈴木は先天性四肢欠損という障がいがある。右腕は肘から先がなく指は1本。左手は指が3本。右脚は大腿部から、左脚は膝から下が欠損している。6歳から水泳を始めたが、ここまで本気でやることになるとは夢にも思っていなかった。