2021.11.25

キャンパーのNGT48藤崎未夢が語る焚き火の魅力。「何人かで囲めば、真面目モードになって心を開いた会話ができる」

  • 辻 歌●取材・文 text by Tsuji Uta
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

NGT48藤崎未夢・インタビュー前編
「キャンプ愛」

キャンプが趣味のキャンパーアイドル、NGT48の藤崎未夢さん。幼い頃から家族でキャンプを楽しんでいた藤崎さんは「まだまだ新しく知ることばかり。キャンプは本当に奥深い」とその魅力を力説。彼女がキャンプに惹かれる理由とは? キャンプ場の自然のなかでたっぷりと語ってもらった。

キャンプ愛を語るNGT48藤崎未夢さんキャンプ愛を語るNGT48藤崎未夢さん この記事に関連する写真を見る
──まず、キャンプをするようになったきっかけは?

藤崎未夢(以下、藤崎) もともとは、私の父がひとりでキャンプをしていて、母と結婚してふたりで行くようになって。私は、母のお腹のなかにいる時にキャンプデビューしているんです。生まれた次の年の夏にはもう家族キャンプに参加していたみたいです。それからほぼ毎年、お盆休みにキャンプへ行っていました。

──生まれる前にキャンプデビュー......。もはや、ベテランキャンパーの域ですね。

藤崎
 まだまだ初心者だなと思いますよ(笑)。NGT48に加入するまではファミリーキャンプが主だったので、すべて父がそろえた道具やテントを使っていました。私や妹はお手伝いをする感じで、家族に頼ってきたキャンプが多かったんです。その頃からもちろんキャンプは好きでしたが、お仕事で関わるようになって道具のよさを新たに発見できたり、どんどんキャンプの魅力にハマっていきました。お仕事を通していろいろ知ったことを、今度は私が発信していきたいな、という気持ちになっています。