2020.01.08

三谷紬アナはアナウンサー試験のため大変身。
服装や髪型を大胆に変えた

  • text by Sportiva
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

★三谷紬インタビュー 後編

前編はこちら>>

「ハーイ!やべっち」で多くの視聴者、サッカー選手にもお馴染みのテレビ朝日の人気サッカー番組『やべっちF.C.』(日曜・深夜0:05~)。週末に行なわれたJリーグの試合結果を伝えつつ、選手のプライベートに迫るコーナーなど、いろんな角度からサッカーの魅力を伝え、矢部浩之さんや中山雅史さんら出演者による軽妙なトークも魅力的な番組だ。そのなかで、スタジオで紅一点、華を添え、番組を盛り上げている三谷紬アナ。後編では、主にプライベートについて語ってもらった。

『やべっちF.C.』でサッカーの魅力を伝えている三谷アナ

―― 珍しい名前かと思うのですが、由来を教えてください。

三谷 実家が呉服店を営んでいて、着物の名前に紬(つむぎ)という名前があるんです。大島紬とか結城紬の「紬」なんですけれども、そこから取られた名前です。紬という着物自体は、染料を使わない絹糸を織ってできる着物なので、裏表がなくてすごく丈夫だと言われているんです。

 昔から庶民や貴族のような人も使っていて、さらに長持ちするという謂(いわ)れもあって。長持ちしていろんな人に愛され、丈夫で裏表がない子に育ってほしいという意味が込められています。

―― 先ほど(前編)も少し話がありましたが、アナウンサーを目指した契機は?

三谷 とにかく私はサッカーが大好きで、職業はサッカーに関われる仕事なら何でもいいというような考え方を最初はしていたんです。今となれば、浅はかだったなと思うんですけど。サッカーに関われる職業といったらマスコミが一番いいだろうと高校の時には思っていたので、当時から担任の先生には「マスコミに行きたいです」という話をしていました。

 Jリーグに勤めるという考えはなくて、取材をして、サッカーの魅力、楽しさ、選手たちのすごさを伝える側になりたいと思っていました。そのためには、新聞でもいいし、テレビでもいいし、とにかくサッカーに関われるマスコミに行きたいという話をして。そうしたら、法政大学にマスコミのことを学べる専攻があるということだったので進学しました。

 そこで2年の時に出会ったゼミの先生に進路について相談したら、テレビ局の就職試験はアナウンサー部門の試験が早いので、そちらをまず受けるように準備したほうがいいよと助言していただいて。最初は「えっ。アナウンサーですか?」という感じだったんです。

 服装も、じつは当時、ギャルっぽい服装や髪型だったんですが、今日みたいなワンピースを着るなど落ち着いた感じにするところから自分を変え始めて、大学3年生のとき、運よくテレビ朝日のアナウンサーのインターンシップに参加することができたんです。初めてテレビ朝日に来た時は、すごくテンションが上がりました。

 もともとはサッカーの取材をしたいから記者でもいいと思っていたんですけれども、それからは直接選手に会って話を聞けて、画面を通してそれを自分の言葉で伝えられる、そういうことができるのはアナウンサーしかないよね、という話をいろんな人から聞いて。アナウンサー以外の就職活動もしていたのですが、「アナウンサーになりたい」と強く思うようになりました。