2018.03.20

「無双」のカーリング藤澤五月。
ミックスダブルスも世界を驚かせる!

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 みちぎんドリームスタジアム(青森市)で行なわれた第11回 全農 日本ミックスダブルス カーリング選手権大会(3月14日~18日)は、平昌五輪で活躍した強化委員会推薦ペア、藤澤五月(ロコ・ソラーレ北見)と山口剛史(SC軽井沢クラブ)の『藤澤 山口』が、予選リーグから8戦負けなしの全勝優勝を飾って幕を閉じた。

ミックスダブルス選手権を制した藤澤五月と山口剛史のペア

 大会序盤こそ、藤澤が「アイスチェンジが必ずあった」という変化に富んだ氷と、ミックスダブルス特有の、ハウス中心の石を出し入れする戦い方にアジャストするのに時間を要した。それでも、「スイープで調整してくれるので投げやすかった」(藤澤)という、男子カーリングのエーススイーパーである山口を信頼し、恐れずに”攻めるショット”を投げ続けた。

 その結果、ミスがありながらも、相手にプレッシャーをかけることに成功する。8試合のうち複数得点を奪われたエンドはわずか3エンドで、そのうち3点以上のビッグエンドは1エンドのみ。いずれも、参加21ペアで最少の数字だった。