2021.03.24

羽生結弦、決戦へ向け心中を明かす。淡々と、焦らず、着実に

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

公式練習中、笑顔を見せる羽生公式練習中、笑顔を見せる羽生 "淡々と"という言葉が似合う曲かけ練習の滑りだった。それ自体には力感やキレもあり、彼の気持ちや調子のよさも伝わってくるものだった。

「今は感覚がすごく整っているわけではないので」と話す羽生の表情は、まだ高ぶりのようなものはなかった。

「いい演技をしたいとは思っていますが、(優勝した昨年12月の)全日本選手権みたいにという気持ちは特になく、ここはここで練習してきたことをしっかり出せればいい。これからちょっとずつ感覚と身体を整えながらいい演技をしたいというのが、今の素直な気持ちです。何か、これをやりたい、あれをやりたい、こういう演技をしたい、といった感じでは今はないですね。北京五輪の枠取りには最大限貢献したいです。あとはとにかく、自分が目指しているいい演技を毎日ひとつずつ重ねていって、グラデーションのようによくなっていってくれればなと思っています」

 もっとも重要なのは、「健康な状態でこの試合を終わらせること」と語った羽生。加えて考えているのは、SPとフリー、エキシビションの3つのプログラムをしっかりと滑り、メッセージのあるものにしたいということだ。

「まずは自分が納得できる演技をすることが大前提だと思うので。今の自分の身体と対話をしながら、整えながら......。そこまでたどり着いてこそ、皆さんに何かが伝わる演技だと思うので、それまでは今やるべきことをやっていきたいです」