2020.03.18

宮原知子はリンクで気品が滲む
稀代のスケーター。「前を向いています」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

宮原は曲の物語世界にいざなう数少ないスケーターだ「最初はよくて、"いける"って強気だったんです。でも、途中から(調子が良すぎて制御できず)やばいって思い始めて......」

 宮原は訥々(とつとつ)と話した。

 心配された"先走り"が、精密な歯車が狂わせることになった。冒頭のダブルアクセルは華麗に決めた。3回転ルッツ+3回転トーループも、回転不足は取られたものの、切り替えられたはずだ。

 しかし、焦りが彼女をむしばむ。その後のジャンプでことごとく、回転不足を取られた。

 気が急いた正体は、極限までジャンプを高めなければ、という心理的な切迫か。連鎖で、得手のスピンやステップまで綻びが出た。

「(今シーズン)練習ではうまくなっているし、技術的にはよくなっている感触はあります。(回転不足の)ジャンプの跳び方は大きく変えていません。いい時は回転がつくのですが......。

 自分の世界観を見せたかったですが、あまりに悪すぎて。ループでは、練習でもしない失敗をしてしまった(得意の3回転ループが2回転ループに)」