2019.03.19

紀平梨花、世界選手権に
胸高鳴る。「疲労もプレッシャーもない」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 今季はGP初戦のスケートアメリカで優勝した以降、勝利から遠ざかり、少々苦しい戦いを強いられているが、それも仕方がない。「チャレンジのシーズン」と位置づけ、回転不足などの課題があるジャンプの修正に取り組んでいるからだ。

 一度ゼロに戻してジャンプを改革するのは、一朝一夕にはできない。それでも、自分が壁を乗り越えるためには、これまでのジャンプを変えなければいけないと判断しての挑戦だった。コツコツと積み重ねる努力の人だけに、必ずやり遂げてほしいところだ。

 公式練習でも、いつもながら「100パーセント全力投球」の練習風景だった。そして4度目の出場となる世界選手権では、順位や表彰台を狙う前に、自分がやってきたことを出したいと謙虚に語った。

「SPもフリーも、ブラッシュアップとジャンプの質をもう一度しっかりと見直して、1個1個のジャンプを練習してきました。日本開催ということで家族や友達などたくさんの方が見に来て下さるし、さいたまスーパーアリーナという大きな会場で試合ができるので、すごく盛り上がると思いますし、そういう部分でワクワクしています。そのなかで、いままで自分が取り組んできたことを、しっかり試合本番で出すことを成し遂げたいです」

 日本の女子フィギュアを引っ張ってきた意地とプライドを見せられるか。昨年の3位に続いて、3度目の表彰台を目指す。

関連記事