2018.12.24

秘策を繰り出した坂本花織が
全日本女王に。「ノックアウトしました!」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha  能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 フィギュアスケートの全日本選手権で、24人目となる新たな日本の女王が誕生した。大会の主人公は、平昌五輪6位の坂本花織だった。ショートプログラム(SP)2位から、フリーでは152.36点の高得点をマークして、合計228.01点を叩き出して逆転初優勝を成し遂げた。

全日本選手権で初優勝を飾った坂本花織、フリーの演技 昨年の大会同様に最終滑走者だったフリーで、ほぼミスのない演技を披露したことが高く評価され、これまで自身が出したことがなかった高得点を引き出した。坂本は得点が出た瞬間、目を見開き、両手を口に当てて、のけぞりながら驚きの表情。”元気印”がトレードマークの18歳は、ニコニコ顔が止まらなかった。

「点数が出たときは、ちょっと計算ミスかなと一瞬思ったんです(笑)。えっ、150? そんなに10点も一気に上がるとは思わなかった。SPと同じく、ただ、ただ、びっくりしました。演技構成点で初めて70点を超えて、ブラッシュアップした成果がちゃんと出て大きく点数が伸びた原因だったかなと思います。今日はジャンプがよくなかったので、他のエレメンツでリカバリーしようと思って一生懸命にやりました」
 
 SPでは首位の宮原知子に1.11点差をつけられ、トリプルアクセルで転倒した紀平梨花には6.90点差のリードをつけていた。そしてフリーでは、技術点でトップの紀平に次ぐ全体2番の79.11点を出し、演技構成点でもトップの宮原に続く全体2番の73.25点をマーク。終わってみれば、2位紀平に点差を縮められながらも4.25点差を、3位の宮原には4.67点差をつけての勝利だった。