2017.10.28

鈴木明子が占う平昌五輪の女子2枠争い。
選手はムチャクチャ大変です

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

2017-2018シーズン展望(女子編) 

男子編はこちら>>

 フィギュアスケートの女子の日本代表枠はふたつ、平昌オリンピックに出場できるのはたったのふたりだけだ。ソチオリンピック以降、女子をリードしてきた宮原知子が故障で欠場している間に、若手たちが着実に力をつけている。代表選考がかかる全日本選手権まであと1カ月あまり。4年前の全日本選手権を制し、ソチオリンピックに出場した鈴木明子さんが熾烈な代表争いを分析する。

カナダ大会がGPデビュー戦となる本田真凜――ソチオリンピックに出場したフィギュアスケートの女子日本代表は3人とも引退してしまいました(浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子)。今回、どの選手が出場権を獲得しても、初出場になります。

鈴木明子さん(以下、鈴木) 今回、女子の日本代表の枠は2ですが(ソチは3枠)、この少ない枠を争うことによって、日本の女子のレベルも上がっていくでしょう。若い選手が多いので、平昌オリンピックの先につながっていくはずです。そういう意味でも大事なシーズンになると思います。

 出場争いの中心にいるのは三原舞依選手、樋口新葉選手、ジュニアから上がってきた本田真凜選手、坂本花織選手など。宮原知子選手は、股関節のケガからどの程度復活しているのか、そこが心配ですね。