2015.06.01

羽生結弦はなぜ、アイスショーで4回転ループに3回も挑戦したのか

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 4月の世界フィギュアスケート国別対抗戦(東京)に出場したあと、本拠地のトロントに戻っていた羽生結弦。5月下旬に帰国し、5月29日の『ファンタジー・オン・アイス幕張』 で久しぶりにファンの前に姿を見せた。

 羽生は、オープニングでトリプルアクセルを跳んで客席を沸かせると、第1部では2010-2011シーズンのエキシビションナンバーだった『ヴァーティゴ』を披露。3回転ループなどのジャンプを含め、スピンやステップを組み込んだ演技で、彼が決めポーズをするたびに客席からは大きな歓声があがった。

アイスショーで4回転ループにも挑戦した羽生結弦 今回のアイスショーでは、宇野昌磨が新しいショートプログラム(SP)の『レジェンド』で2015-2016シーズンの演技構成の一端を見せたほか、ソチ五輪ペア金メダルのタチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフ(ロシア)や、エフゲニー・プルシェンコ((ソルトレイク五輪、トリノ五輪で金メダル、バンクーバー五輪銀メダル、ソチ五輪団体金メダル/ロシア))らトップスケーターが多数登場。そして、大トリで再登場した羽生は、スペシャルゲストアーティストのシェネルとのコラボで、映画『海猿』の主題歌でもある『ビリーブ』を、大きさとスピードのある滑りでダイナミックに演じた。

 羽生はフィナーレで4回転トーループをきれいに決め、最後のジャンプ合戦ではハビエル・フェルナンデス(スペイン)とともに滑り出すと、4回転サルコウを決めたフェルナンデスに続き、国別対抗のエキシビションのフィナーレで成功した4回転ループに挑戦。