2020.05.02

時代の寵児となった桜庭和志。
ヘンゾ・グレイシー戦で「まさかの結末」

  • 佐瀬順一●取材・文 text by Sase Jun-ichi
  • 長尾迪●撮影 photo by Nagao Susumu

桜庭和志「グレイシー一族撃破」から20年(4)

 90分に渡る死闘として語り継がれる「伝説の桜庭和志vsホイス・グレイシー戦」から、5月1日で20年が経った。

桜庭和志「グレイシー一族撃破」から20年(1)はこちら>>>

ヘンゾ・グレイシーにアームロックを極めた桜庭和志だったが...... デビュー当時、桜庭はひとりの地味なプロレスラーだった。だが、1997年の『UFCジャパン』で勝利し、「プロレスラーは本当は強いんです!」と言い放ったのを機に、1999年の『PRIDE.8』ではホイラー・グレイシー、そして2000年の『PRIDE GP 2000』2回戦ではホイス・グレイシーと対戦することになる。

 ホイスとの対戦ルールは「1ラウンド15分の無制限ラウンド」という未知のもの。まさしくお互いのプライドをかけた決闘となったが、桜庭は相手をおちょくるような柔術技を繰り出しつつ、ホイスにほぼ何もさせない圧倒的な強さを見せた。

 気づけば試合は6ラウンドまで終了し、90分が経過。レフェリーは7ラウンドを始めようとし、桜庭も臨戦態勢だが、自軍のコーナーで座ったホイスは立ち上がる気配がない。明らかに慌てている様子の相手セコンド陣----。