2020.05.02

岡崎慎司がeスポーツで弱音。
刺激的な4日間で「心臓が痛い」

  • text by Sportiva
  • photo by AFLO

eスポーツの日本代表として挑んだ岡崎慎司 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中でスポーツが中断や中止に追い込まれているなか、注目を集めているのが、オンラインでも開催できるeスポーツだ。サッカーのeスポーツでは、『FIFA』や『ウイニングイレブン』といったシリーズが有名で、どちらもオンラインでの大会やイベントが多く開催されるようになった。

 そして4月中旬、日本サッカー協会よりeスポーツ大会「StayAndPlay eFriendlies」の開催が発表された。これは4月21日~24日の4日間、『FIFA』シリーズを使ったアジア4カ国・地域による総当たり戦の大会で、日本からは2名が選出された。

 規定によりeスポーツプレーヤーと現役のサッカー選手という組み合わせとなり、一人は鹿島アントラーズ所属で『FIFA』シリーズの世界大会出場経験もあるナスリ。もう一人がスペイン2部ウエスカ所属の岡崎慎司だ。なぜ岡崎なのか――。誰しも思う、その素朴な疑問を本人に聞いてみた。

「今回の大会に向けた予選があったわけではないです。サッカー協会が『FIFA』シリーズをやっている選手を探していて、大会のことも聞いていたので、参加可能の意志は伝えていました。もともとゲームは好きですし、『FIFA 20』もやっていましたから。ただ誰かほかの選手が出場するだろうと思っていて、まさか自分が指名されるとは思っていませんでした」