2019.11.19

MotoGP2019シーズンも総合優勝のマルケス。目指す先は「全戦全勝」

  • 西村章●撮影 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

今季も総合優勝のマルク・マルケス。盤石の強さだった 現在から未来を眺めると途方もなく長く思えることも、現在から過去を振り返ってみれば、時間の経過はいつも早く感じる。史上最多となる年間19戦のレースを終えた2019年のMotoGPは、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)の圧倒的な優勢で幕を閉じた。

 19回の決勝レースのうち、マルケスが表彰台を逃したのは、悠々とトップを単独走行中に転倒してノーポイントで終えた第3戦アメリカズGPのみ。それ以外の18戦では、優勝が12回、2位が6回、というずばぬけたリザルトを記録した1年だった。

「すばらしい1年だった。自分のレースキャリアでもベストシーズンといっていいと思う」

 最終戦のバレンシアGPでも、大方の予想どおりに有無を言わせないほどの強さを見せつけて優勝を飾ったマルケスは、上記の科白のあとに、こんなひと言を付け加えた。

「これが自分の全キャリアでベストになるかどうかはわからないけど、結果が示すとおり、今年は実力を存分に発揮できた」

 この言葉から想像できるのは、マルケスは今年の成績よりもさらに良好な成績を収めることが将来的に可能だと思っているのだろう、ということだ。

 マルケスが駆るホンダRC213Vを開発するHRC(Honda Racing Corporation:ホンダレーシング)の幹部たちは、昔から「できれば全部勝ちたい」とよく口にする。ただし、それに続けて必ず次のような留保の言葉が続く。

「我々は全戦全勝を可能にするマシンづくりを目指して開発しているけれども、レースは相手があることなので、実際のところは、なかなかそういうわけにいかない」