2018.11.05

ロッシ転倒、またも勝てず。
マルケスの追い上げに「今季最初のミス」

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が27戦ぶりに手にしていたかもしれない勝利は、レースが残り4周となった1コーナーで滑るように潰えていった。

 セパン・インターナショナル・サーキットで行なわれた第18戦・マレーシアGPの決勝レースを、ロッシはフロントロー2番グリッドからスタートした。1コーナーへ真っ先に飛び込んでホールショットを奪うと、その後もずっとトップを走行し続けた。

2番グリッドからホールショットを奪ったバレンティーノ・ロッシ ヤマハ陣営は、2年越しの不名誉な未勝利記録に前戦のオーストラリアGPで終止符を打ったが、ロッシ自身は、その未勝利記録の端緒となる2017年の第8戦・オランダGPで優勝して以降、一度も表彰台の頂点には立っていない。2011-2012年のドゥカティ時代を除けば、これは彼にとって最長の未勝利記録となる。その終焉に向けて、ロッシはハイペースでトップを走行し続けた。

 序盤から2分01秒0のペースを刻み続け、10周目にはレース中自己ベストの2分00秒912を記録。その後も00秒9台から01秒1台で走り続けるという高水準のリズムを維持した。気温35度、路面温度53度という厳しいコンディションや、現在39歳という彼の年齢を考えれば、このパフォーマンスは驚異的といっていいだろう。

 その背後を走行していたのが、2戦前の日本GPでチャンピオンを確定させたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)だ。ポールポジションを獲得したものの、ペナルティにより6グリッド降格処分を受けて3列目7番手からのスタートとなったマルケスは、5周目に2番手へ浮上。しかし、前をゆくロッシとの差はじりじりと広がっていった。ふたりの距離は、ロッシが自己ベストを記録した翌々周の12ラップ目には1.2秒になっていた。

 だが、そこからマルケスはコンマ数秒ずつ、ロッシに近づいていった。

 ロッシとマルケス、しかもセパン・サーキットといえば、誰しもすぐに想起するのが、2015年の14コーナーでの出来事だ。