2017.10.24

五つ巴バトルを制したマルケス。
13位ドヴィツィオーゾは何が起きた?

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 一方、前戦でマルケスに11ポイント差まで迫ったドヴィツィオーゾは、ウィークを通して苦戦し続け、決勝レースは13位。3ポイントの加算にとどまった。

「ラスト8周でタイヤが終わってしまったとか、いろいろな要素があるけど、要するにこのコースに必要な旋回性を存分に発揮することができなかった」と、ドヴィツィオーゾは厳しい結果で終えた第16戦を振り返った。

「今年は今まで厳しかったコースでもいい争いをできてきたけれども、特に旋回性が重要なこのサーキットでは、自分たちにはまだ限界があることがわかった」

 マルケスとのポイント差は、これで33ポイントに広がった。残りは2戦だが、まだまだチャンピオンはあきらめないと、ドヴィツィオーゾは明るい口調で締めくくった。

「ポジティブに考えたい。もちろん状況は厳しいけど、このスポーツではどんなことが発生しても不思議じゃないから」

 今週末に行なわれる第17戦・マレーシアGPでは、昨年は雨のレースでドヴィツィオーゾが優勝。マルケスは2014年にポールポジションからスタートして勝利を飾っている。日曜のレースで両者のあいだに26ポイント以上の差が開けば、マルケスの年間総合優勝が決定する。

■モータースポーツ 記事一覧>>

関連記事