2022.05.08

桜花賞で真価を示したスターズオンアース。陣営の二冠達成への自信は膨らむばかり

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

2022年クラシック候補たち
第18回:スターズオンアース

 4月10日に行なわれた3歳牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)。10着までがコンマ3秒差内にひしめく大接戦のレースを制したのは、7番人気のスターズオンアース(牝3歳/父ドゥラメンテ)だった。

大激戦となった桜花賞を制したスターズオンアース大激戦となった桜花賞を制したスターズオンアース この記事に関連する写真を見る  美浦トレセンの高柳瑞樹厩舎に所属する同馬は、昨夏の2歳新馬(8月1日/新潟・芝1800m)でデビュー。惜しくも2着に敗れたが、続く2歳未勝利(10月9日/東京・芝1800m)で白星を飾った。

 3戦目は1勝クラスの赤松賞(11月21日/東京・芝1600m)に出走。ここでは、のちにGIIチューリップ賞を制して桜花賞でも1番人気に推されたナミュール、GIIフローラSで2着となったパーソナルハイに続く3着に終わった。

 その後、4戦目にGIIIフェアリーS(1月10日/中山・芝1600m)、5戦目にはGIIIクイーンC(2月12日/東京・芝1600m)と立て続けに重賞に参戦。ともに好位追走から直線で内側の馬群を縫って抜け出していったが、フェアリーSではライラック、クイーンCではプレサージュリフトと、いずれも大外から強襲してきた馬に屈した。

 2戦とも勝ち馬との着差はクビ。まさしく重賞制覇まであと一歩、というところで涙を飲んできた。

 その鬱憤を晴らしたのが、桜花賞だった。道中はこれまでよりも後方となる9~10番手の中団に待機。直線を迎えると、これまでと同様、インを突いた。ごちゃつくシーンもありながら、過去2戦の経験も生きてか、慣れた脚取りで馬群の合間を縫っていく。

 そうして、残り100mをきったあたりで前が開くと、さらに加速。先に抜け出したウォーターナビレラ、ナムラクレアをゴール直前でかわした。鮮やかなレースぶりを披露し、6戦目にしての見事な戴冠だった。